本文へスキップします。

タイトル

本学の魅力的な先生たち
~動画でお届けする教員紹介~

多角的なアプローチによって「人と動物の豊かな共生社会とは」を探求する本学には
学生の好奇心、探求心に応える各分野のスペシャリストが揃っています。

★★必見ポイント★★
担当授業や研究内容の紹介だけでなく、「なんでもランキング」にお答えいただいた先生がいます。
普段なかなか聞けないようなお話に、それぞれの先生方のお人柄が滲み出ていて必見です。ぜひ最後までご覧になることをお勧めします。
また、今回急遽オンライン絆祭に併せて取材に応じていただいたため、全員の先生方のご紹介とまではいきませんでしたが
今後もまた別の方法でお伝えできればと思っています。

(新型コロナウイルス感染拡大防止のため、撮影時には撮影スタッフはマスク着用、学生インタビュアーと教員は2メートル以上の距離を取り、間にはアクリルパネルを設置して実施しました)
振り分け
看護専攻サムネイル

動物看護学専攻

内田明彦 教授
「怖いだけじゃない寄生虫の世界」

梅村隆志 教授
「難しいけどすごく大事 病理の世界」

岡﨑登志夫 教授
「どんなことでも興味をもったら即研究!」

今村伸一郎 教授
「”師匠”の止まらないホネトーク」

富田幸子 教授
「研究テーマは誰もが持っている大事なアレです」

谷口明子 教授
「動物看護の教科書は先生が作ってます」

大橋由紀子 准教授
「動物看護に活かせる英語術」

茂木千恵 准教授
「イヌにも〇〇病?先生が取り組む新しい研究」

鈴木友子 講師
「ペットも歯が命。動物病院で歯科診療も行う鈴木先生」

福山貴昭 講師
「TV等でおなじみ福山先生。先生が無人島に行くとしたら…」

宮井紗弥香 講師
「動物臨床検査で肥満を防ぐ?」

荒川真希 助教
「本学きってのネコ派。ネコ愛が研究の原動力」

秋山蘭 助教
「がんに罹患した動物の栄養管理について研究しています」

三井香奈 講師
「野良猫、地域猫について調査しています」

友野悠 助教
「麻布大学附属動物病院で動物看護師として勤務していました」

土屋 恵美 助教
「実習授業は実際にふれてイヌの気持ちになることが大事」

武田郁子 助教
「最初は誰しも初心者。武田先生ができなかったことは」

動物人間関係学専攻

動物人間関係学専攻

植田富貴子 教授
「公衆衛生学は身近な学問です」

小黒美枝子 教授
「フジツボから秋田犬まで」

奥野卓司 特任教授
「アニメで見る演出は〇〇がルーツ」

古川力 教授
「ブランド豚開発の立役者 その素顔は…」

島森尚子 教授
「お利口すぎて信じられませんが、肩に乗っているのは本物です」

石川牧子 教授
「動物の進化を追うためには海にも潜ります」

新島典子 教授
「日本人の動物観を理解し、飼い主さんの心に寄り添う」

若林義啓 教授
「動物看護の世界もデジタル化」

加藤理絵 准教授
「先生おススメポジティブライフ~心身ともに健康な学生生活を~」

秋山順子 講師
「動物の癒やしの力 アニマルセラピー」

堀井隆行 講師
「先生伝授 イヌと仲良くなる方法」