本文へスキップします。

H1

取得目標資格

コンテンツ

一般財団法人 動物看護師統一認定機構 認定 2011年設立

動物看護師統一認定機構サイト

認定動物看護師

認定動物看護師登録証 イメージ

動物医療における看護職の資格。動物看護師の知識・技術の高位平準化の推進のため、2012年より獣医・看護の関係団体が協力して全国統一試験を実施。動物看護師統一認定機構が認定登録します。機構の試験に合格し、本学の卒業規定単位(124単位以上)を修了することで取得できます。構成団体は次の10団体です。

  • 公益社団法人 日本動物病院協会
  • 全日本獣医師協同組合
  • NPO法人 日本動物衛生看護師協会
  • 全国動物保健看護系大学協会
  • 一般社団法人 日本小動物獣医師会
  • 一般社団法人 全国動物教育協会
  • 日本動物看護学会
  • 公益社団法人 日本獣医学会
  • 一般社団法人 日本動物看護職協会
  • 公益社団法人 日本獣医師会

NPO法人日本動物衛生看護師協会(JAHTA)認定 1967年設立

JAHTA公式サイトへ

アニマル・ヘルス・テクニシャン(動物衛生看護師=AHT)

アニマル・ヘルス・テクニシャン(動物衛生看護師)イメージ
1980年から認定
歴史あるライセンスです。

動物医療における看護師の資格。病気やケガをした動物の看護にあたるための知識と技術をもっていることを証明します。動物看護師統一認定機構の筆記試験及び本協会の面接試験に合格し、本学の卒業規定単位(124単位以上)を修了することで取得できます。
本協会は1970年代アメリカの大学で次々新設されていた「AHT養成コース」を日本で初めて導入。いち早くライセンス制度を確立し、AHTという職種を社会的に認知されるまでに育て上げました。

ベタリナリー・テクニシャン(動物医療技術師=VT)

ベタリナリー・テクニシャン(動物医療技術師)イメージ

動物科学や動物医学の専門知識を活かして、コンパニオンアニマルの医療・看護・健康管理・飼育やアニマル・アシステッド・セラピーなどに携わり、指導的立場で活躍するための知識と技術をもっていることを証明します。アニマル・ヘルス・テクニシャンの資格を有し、本学の卒業論文の単位認定及び本学の卒業規定単位(124単位以上)を修了することで取得できます。

ドッグ・グルーミング・スペシャリスト(犬の美容師=DGS)

ドッグ・グルーミング・スペシャリスト(DGS)イメージ

イヌの美容師の資格。「美容」と言いますが、健康管理も含めた総合的な「グルーミング」の資格です。スタンダード(犬種標準)に基づくグルーミングの専門知識・技術を有することを証明します。
この資格を取得するためには、「ドッグ・グルーミング・スペシャリスト」の特別講習(有料)を受講し、本協会の資格認定試験に合格すると取得できます。

キャット・グルーミング・スペシャリスト(猫の美容師=CGS)

キャット・グルーミング・スペシャリスト(CGS)イメージ

ネコの美容師の資格。美容に関する知識、日常の健康管理、飼育管理、ネコ種ごとの特徴に基づく「グルーミング」の資格です。専門的な知識と技術を有することを証明します。この資格を取得するためには、「キャット・グルーミング・スペシャリスト」の特別講習(有料)を受講し、さらに本協会の資格認定試験に合格し、本学の卒業規定単位を修了することで取得できます。

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(家庭犬のしつけ訓練士=CDT)

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(家庭犬のしつけ訓練士)イメージ

ヒトとイヌが共生するために必要な「家庭犬としてのしつけとマナー」を教える訓練士であることを証明する資格。飼い主にも訓練の方法を指導できることが大きな特長となっています。この資格を取得するためには、「コンパニオン・ドッグ・トレーナー」の特別講習(有料)を受講し、さらに本協会の資格認定試験に合格し、本学の卒業規定単位を修了することで取得できます。

ケーナイン・リハビリテーション・セラピスト ─ベーシック─(犬の理学療法士 基礎=CRT)

ケーナイン・リハビリテーション・セラピスト(犬の理学療法士 基礎)イメージ

イヌのリハビリテーションの基礎的資格。イヌの骨格、筋肉、神経、関節の特徴を知り、イヌの健康改善を目的としたリハビリテーションの基礎的な知識と技術を有することを証明します。この資格を取得するためには「ケーナイン・リハビリテーション・セラピスト」の特別講習(有料)を受講し、さらに本協会の資格認定試験に合格し、本学の卒業規定単位を修了することで取得できます。

日本ペット栄養学会 認定

ペット栄養管理士

ペットの栄養に関する知識の普及と指導にあたります。ペットの健康の維持向上を図り、動物愛護に寄与できる者。本学カリキュラムの中から栄養学に関する2科目の単位を修了することで、一般受験者には必要な講習会を受講せずに受験資格が得られます。当学会の資格認定試験に合格することで取得できます。

公益社団法人日本実験動物協会・日本実験動物技術者協会 認定

実験動物技術者

優良な実験動物の生産、供給および適正な飼育などを通じてライフサイエンスの発展に寄与できる者。
本学を卒業後、実務経験1年以上を経て受験資格が得られます。

(厚生労働省)指定

社会福祉主事

本学において、厚生労働大臣の指定する社会福祉主事任用資格選択科目のうち、いずれか3科目以上の単位を修了したものに任用資格として与えられます。

認知症サポーター

認知症について理解し、認知症の人や家族を見守り支援する者として認められた者。本学の指定講座を受講することで取得できます。

(都道府県)登録

動物取扱責任者

本学卒業生は動物取扱責任者の登録ができます。

(社福)日本介助犬協会 認定

介助犬デモンストレーター

東京消防庁 認定

救命技能認定

(注)ライセンスの受講料、受験資格、検定料、認定・登録料等はそれぞれの協会により異なりますので、各団体にご照会ください。