本文へスキップします。

H1

社会で活躍する卒業生

アンカーリンク
動物医療分野で活躍する先輩たち

動物医療分野で活躍する先輩たち

真柴 佑衣さん

動物病院

株式会社日本動物高度医療センター

神奈川県

真柴 佑衣さん

2015年度卒業
東京都 私立桜美林高等学校 出身

専門診療科によるチーム医療体制

二次診療専門の動物病院で腫瘍科に所属し、入院動物の管理、検査、調剤、手術の助手など様々な業務を担当しています。小学生の時に学校の飼育委員になり、ウサギの世話を担当したことがきっかけで動物医療に携わりたいと思い、動物看護師を目指しました。ヤマザキ学園大学にはモデル犬制度があり、家庭で飼われているイヌをお預かりして様々な性格のイヌと接することが出来ました。病院に来るイヌやネコも性格が様々なので、大学での経験は現場でも役立っています。命を預かる仕事は辛いことや大変なこともたくさんありますが、それ以上にやりがいのある仕事です。家庭と仕事を両立している先輩のように、向上心を持って動物医療に携わり続けたいと思っています。

鈴木 芽以子さん

動物病院

ほさか動物病院

神奈川県

鈴木 芽以子さん

2015年度卒業
東京都 私立八王子実践高等学校 出身

ホームドクターとして信頼される
地域に密着した動物病院

内科~外科まで総合的な診断・治療をする一般診療のほか、健康診断や病気予防に力を入れている地域に密着した動物病院で働いています。小さい頃から動物に関わる仕事がしたいと思っていましたが、中でも動物病院を訪れる動物や飼い主さまの不安を少しでも軽くしてあげたいと思い、動物看護師の道を選びました。大学では動物看護のほか、グルーミングや動物行動学など、動物について様々な視点から学ぶことができたので、その知識を活かして動物だけでなく飼い主さまの気持ちにもしっかり寄り添うことのできる動物看護師であり続けたいです。

長島 香菜さん

臨床検査センター

富士フイルム モノリス株式会社

東京都

長島 香菜さん

2015年度卒業
埼玉県立上尾高等学校 出身

動物看護の知識を活かして
動物病院と臨床検査機関をつなぐ

小動物に特化した臨床検査機関で、検体の集荷等を行う営業職をしています。大学で臨床検査学や血液学を学び、治療を行うためには臨床検査が重要であることを知ったので、動物病院と検査機関を繋ぐ役割を担いたいと思いこの仕事を選びました。検体をお預かりし、自社に戻るまでの間、正しい保存方法でないと検査結果が異なってしまったり、正確さを求められる仕事なので常に緊張感がありますが、私が関わった検査によって助かる命があると思うととてもやりがいを感じます。

人と動物をとりまく社会で活躍する先輩たち

人と動物をとりまく社会で活躍する先輩たち

真船 大和さん

ペット保険

アニコム損害保険株式会社

東京都

真船 大和さん

2015年度卒業
福島県立光南高等学校 出身

家族の一員であるペットと飼い主様の笑顔のために

家族であるペットと飼い主様が安心して生活を送れるよう、ペット保険の重要性を伝える営業活動をしています。愛犬が高額な治療費が必要な病気になってしまったことから、ペット保険に興味を持ち、この仕事を選びました。アニコムではケガや病気を防ぐ「予防型保険」をめざしており、お客様にペット保険をご紹介する際に、ヤマザキ学園大学で学んだ動物看護の知識が活かせています。また、勉強だけでなく学園祭の実行委員長の経験も社会でのコミュニケーションに役立っており、大学生活のすべてが今の自分を作り上げていると感じています。

中野 良美さん

ペットフードメーカー

株式会社バンガードインターナショナルフーズ

千葉県

中野 良美さん

2014年度卒業
埼玉県立浦和北高等学校 出身

ペットの健康を支える安心・安全なフードを提供

愛犬用「ナチュラルハーベスト」愛猫用「カントリーロード」のメーカーで商品開発を担当しています。大切な家族の一員であるペットのため、原材料を厳選し、人工添加物を使用しないことをこだわりに100種類以上の商品を扱っています。新商品の開発に携わる傍ら、広報、健康相談、併設店舗での接客など、飼い主様とのコミュニケーションも大事な業務のひとつです。 事務所には常に“スタッフ犬”と呼ばれる犬がいて、愛犬と一緒に出勤できるなど、動物とふれあいながら仕事をしています。
動物看護を学ぶことは、病気治療を目的とした動物病院などで働く動物看護師に必要な知識、という印象が強いですが、小動物栄養学や動物臨床検査学などで学んだことは「ペットの健康を支えるペットフード開発の仕事」にも大変役立っています。

坂從 楓さん

飼育員

公益財団法人ハーモニィセンター
麻溝公園ふれあい動物広場

神奈川県

坂從 楓さん

2015年度卒業
神奈川県 私立横浜商科大学高等学校 出身

動物とのふれあいから「いのちの大切さ」を伝えていきたい

動物園の飼育員として鳥や豚、牛、ワラビ―などの飼育管理を担当するほか、動物とのふれあいサポートをしています。4年次に在籍していた野生動物学研究室で伴侶動物以外の動物にも興味を持ったことが、今の職場を選ぶきっかけになりました。動物たちの種類は異なりますが、健康管理においてどの動物たちも日頃の観察が重要で、そんな時、大学で学んだ動物看護の視点が活かされていると感じます。初めて動物に触る子や、動物を怖がってしまう子たちが、動物たちとのふれあいを通して「生き物の温かさ」や「いのちとはどういうものか」を知るきっかけづくりに貢献できることにもやりがいを感じています。