本文へスキップします。

ページタイトル

受験生向けインフォメーション

お知らせタブボタン
お知らせ:すべて表示

大学受験生 - インフォメーション - イベント情報

Teachers vol.10「動物臨床検査学Ⅱ研究室 宮井 紗弥香 助教」(2018/5/28 配信)

  •     
    生化学的手法を用いた解析

    宮井 紗弥香 助教
    修士(医科学)・臨床検査技師

    肥満に関連した代謝異常を早期にとらえる血中バイオマーカーを開発
    【教育・研究実績はこちら】
    動物臨床検査学Ⅱ研究室
    【研究室紹介はこちら】

    ●担当科目

    動物臨床検査学/動物臨床検査学実習 他
    ●趣味 トレッキング、ウォーキング
    ●好きな動物 特定の動物に限らず、幅広く生命科学について興味を持っています。

    ●メッセージ

    「私は幼い頃から生物や化学に非常に興味がありました。それらを深く学ぶことでさらに病気の診断につながる臨床検査や疾患発症のメカニズムについてもっと究めてみたいと考えるようになり、人の臨床検査を専攻しました。高校生や大学生の頃は、自分が動物看護の大学で動物臨床検査を担当することになるとは思ってもみませんでした。今後何に興味を持ち、様々な人達と出会い、どんな仕事とご縁があるかわかりません。本学の学生には、動物看護の専門知識はもちろんのこと、自らでいろんなことにチャレンジをし、幅広い知識を身つけて頂けるよう、担当する講義・実習や卒業論文にて微力ながら出来る限りサポートしていきたく考えています。オープンキャンパスに参加された皆さん、本学で動物臨床検査を勉強しませんか!!お待ちしています。」 

    ●研究キーワード

    動物臨床検査(血液・尿・糞便・細菌・寄生虫etc)
    6/24(日)、8/19(日)オープンキャンパス 研究紹介 「動物臨床検査学Ⅱ研究室」担当
      
    生化学的手法を用いた解析で病気の早期発見をめざす
    宮井 紗弥香 助教
    修士(医科学)・臨床検査技師

    肥満に関連した代謝異常を早期にとらえる血中バイオマーカーを開発。
    【教育・研究実績はこちら】
    動物臨床検査学Ⅱ研究室
    【研究室紹介はこちら】

    ●担当科目

    動物臨床検査学/動物臨床検査学実習 他
    ●趣味 トレッキング、ウォーキング
    ●好きな動物 特定の動物に限らず、幅広く生命科学について興味を持っています。

    ●メッセージ

    「私は幼い頃から生物や化学に非常に興味がありました。それらを深く学ぶことでさらに病気の診断につながる臨床検査や疾患発症のメカニズムについてもっと究めてみたいと考えるようになり、人の臨床検査を専攻しました。高校生や大学生の頃は、自分が動物看護の大学で動物臨床検査を担当することになるとは思ってもみませんでした。今後何に興味を持ち、様々な人達と出会い、どんな仕事とご縁があるかわかりません。本学の学生には、動物看護の専門知識はもちろんのこと、自らでいろんなことにチャレンジをし、幅広い知識を身つけて頂けるよう、担当する講義・実習や卒業論文にて微力ながら出来る限りサポートしていきたく考えています。オープンキャンパスに参加された皆さん、本学で動物臨床検査を勉強しませんか!!お待ちしています。」

    ●研究キーワード

    動物臨床検査(血液・尿・糞便・細菌・寄生虫etc)
    6/24(日)、8/19(日)オープンキャンパス
    研究紹介 「動物臨床検査学Ⅱ研究室」担当

    ≫次のページ「ペットバード研究室 島森 尚子 教授」


    オープンキャンパスお申込みフォーム パソコン・スマホから24時間受付オープンキャンパスお申込みフォーム パソコン・スマホから24時間受付

    お電話でのお申込み(平日9:00~17:00)0120-124979